シェアする

【春モデル】ナイキ エピック リアクト フライニット / Nike Epic React Flyknit Spring 2018

2018年2月22日にリリースされたナイキの新たなランニングシューズ、Nike Epic React Flyknitの春の新カラーが一挙にリリースされる予定です。

スポンサーリンク

Nike Epic React Flyknit Spring 2018

ナイキ エピック リアクト フライニット メンズ ランニングシューズは、驚くほど快適な履き心地がランの最初から最後まで持続。Nike Reactフォームクッショニングは、高反発なのに軽量で、頑丈なのに柔らかいという対極の理想を同時に満たしています。足を前へ押し出すような感覚はもちろん、ランニング自体をさらに楽しくしてくれるシューズとして高い評価を得ています。

データとしてみると「ふわ・かる・びよーん。」というキャッチフレーズの通り、従来のナイキ ルナエピック LOW フライニット 2と比較すると、リアクトは11%も柔軟性がアップしているそうです。さらにルナエピックのLunarlonフォームと比べると、「Nike Reactフォーム」の弾力性は13%アップ。
ナイキ ルナエピック LOW フライニット 2に比べて5%の軽量化を達成しシューズ市場においても、抜群のクッション性を誇る最軽量モデルの一つと言えます。

また、すでに800km以上走り使い込まれたリアクトを選手に送って、走ってもらった。その後、返却時にあらかじめ何km走ったシューズだと質問をしたところ最も高い答えは160kmで最も低い答えは「新品」の状態のシューズではないのかといわれたようです。つまりマラソンシューズとして一目置かれているヴェイパーフライの課題でもある耐久性についてもこのリアクトはクリアしている。
正に「ふわ・かる・びよーん。」の三拍子+耐久性というランナーがランニングシューズに求める「クッション性」「反発性」「軽量性」「耐久性」の4つ全てを兼ね備えているシューズということが言えます。

今回5カラー公開されていますが、直営店限定カラーがあった1STカラーのように何か仕掛けがあるのか気になるところです。今後リリース情報と共に再度報告していきたいと思います。

Information


Via

スポンサーリンク

シェアする

更新情報や最新情報を発信中